もしバンクイックなどの借り入れ先から督促の連絡がないとしたら

いつまでも借り入れ先の返済を放置していると督促のはがきも届かなくなることがあります。
連絡がないことによって安心するかもしれませんが督促が終わったわけではありません。
借金がなくなったために連絡がこなくなったわけではありませんのでその辺を勘違いしてはいけません。

申し込み状況と現状が違っている可能性があります。
例えばバンクイックに申し込みをしたときの住所から引越しをして現住所が違っている場合、転居先には親展の督促状は届かないものです。
これはどちらが放置となるでしょうか。
バンクイックでしょうか、それとも転居先を知らせていない契約者でしょうか。
連絡が来ないことを甘く考えていてはいけません。
そうそう簡単に借金がなくなることはありません。
督促を放置すればするほどにどんどんと遅延損害金が加えられますので思っているよりもはるかに大きな金額になっている可能性はかなり高いものです。
かつての過払い金の時代はもう終わりました。
利息の取り過ぎはもうありません。
遅延損害金も20.0%となっているところが一般的であり、それは何ら法律に矛盾した金利ではありません。
通常の利息も返済をするまで加算されており、それに加えて遅延損害金も加算されています。
借り入れていた金額の倍になっていることも少ない話ではないことはご存知かもしれません。
返済日が遅くなればそれだけどんどんと借金は膨れ上がってきます。
連絡がないことと、借金が免除されたことはイコールではありません。
http://www.buggy-sport.info/