任意整理にかかる期間と費用は?

任意整理に必要となる費用については、個人で手続きを行う場合と弁護士などに依頼する場合とで異なりますし、任意整理を行う債権者数、借入金額よって異なる場合があります。また、依頼する法律事務所によっても異なりますので、あらかじめしっかりと確認するようにしましょう。
費用の内訳としては、弁護士に任意整理の手続きを依頼した場合に必要となる着手金、交渉をするための手数料、その他事務手数料などです。近年では、着手金無料というところも増えてきています。相場としては、交渉のための手数料が債権者一社あたり3~4万円、事務手数料が2~4万円なお、任意整理の手続きの際に過払い金が発生していることが判明し、過払い金を取り戻すことが出来たという場合には、取り戻すことが出来た金額の2割程度を報酬として支払う事が多いようです。弁護士費用については、分割払いや後払いに対応しているところも多いようです。法律事務所によって、考え方は異なりますので、依頼する場合には一つではなく、複数の法律事務所に相談することをおすすめします。
手続きに必要となる期間については、どの時点で和解案に同意するのかにもよりますが、早ければ3カ月程度と比較的短期間で手続きを終了させることが出来ます。
なお、借金については3年程度で完済する必要があります。返済が遅れてしまった場合には、分割ではなく一括での返済を求められる可能性がありますので、注意が必要です。